車を売却する時期

車を売却しようとして、買取業者に車査定を依頼したら、予想していた金額と違っていて、驚いたという経験はないでしょうか。
できるだけ高く車を売りたい場合、ポイントは、複数の業者に車査定の見積もりを依頼することです。

 

売却したい自分の車の相場を知ることができ、複数の査定価格を比較して、一番高い価格を提示してきた業者へ売ることができます。
業者側は人気車種などを手に入れたいため、価格競争をする場合もあります。

 

具体的に、前に依頼した業者の査定価格を言ってみて、どれくらいの査定価格になるか尋ねてみるのも方法だと思います。
あまり変わらないようであれば、自分で判断するだけです。

 

車の買い替えや、売却を考えた場合、少しでも高く売りたいと思うのは、誰でも同じだと思います。
それには、高く車査定してもらえるタイミングや時期があります。

 

例えば車検ですが、車検切れになりそうな場合、車検を通してからの方が高く売れそうに思うかもしれませんが、実際はそうでもないです。

その車検分が上乗せされて、査定価格に反映されることがないことの方が多いのです。
車検が切れている場合は通さずに、一日でも早く売却をすることです。

 

査定する側の企業としての事情も、多少影響することがあると言われています。
企業の決算前の時期、3月や9月などは販売成績もあるため、有利な場合もあるでしょう。

 

しかし、大概のケースでは、決算時期でも大きく査定額が上がることは無く、その時期まで待つことにより査定額が下がるケースもあります。
ですから、売りたい時期が売り時と言えるでしょう

 


車を売る時には下取りではなく査定サイトを使い買取業者に出す理由

車を買取業者に出した場合の買取とディーラーに出した場合の下取りでは価格に差が出るといいますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

まず買取業者が行う買取の場合は、中古車業界の市場価格に応じた値付けがされますので、需要が高い人気車種の場合にはより高い査定額が付けられることになります。

 

買取業者の中でも自社で販売は行わず、専業で買取のみ行う業者の場合は、その後に中古車オークションに出して売却することになりますので、市場でどれほどの価値があるものなのかが非常に重要になってくるのです。

 

一方でディーラーに下取りに出す場合は、まずは新車を売るということに主眼が置かれているため、引き取る車の価格に対しては市場価格などはあまり考慮することも無く、自社内であらかじめ設定されている目安だけを参照に引き取ることになります。

 

つまり買い取り店では引き取った車でビジネスを行い、ディーラーでは新車の販売でビジネスを行うという点の違いが、買取りと下取りの差として生じてくるのです。

 

では具体的にどれくらいの金額になるのか、これはどの車種かどの時期に出すのかなど細かな条件により変わりますので一概には言えないのですが、人気車種であれば十数万円から数十万円というかなり大きな単位で査定額に差が出てきますので、この数字は見過ごすことはできないといえます。

 

そうした差をシッカリと掴んで、高く売るのであればたくさんの業者に一括で査定をお願いできるサイトを使いましょう

最高額の査定を出してもらう3箇条

 

 

では、実際に高額査定を叩き出す、一括査定サイトです。

 


簡単に査定額を上げるは洗車が効果的

車を売るをする場合、誰でも高額査定を目指したいと思うはずです。
そのために、しておいた方が良い効果的な方法があります。

 

それは、洗車や車内の整理整頓です。
査定士の印象が良くなるばかりではなく、この手間で減点を減らせます

 

その理由や方法について、まとめてみます。自動車売却をする場合、査定前の洗車は大変効果的です。綺麗に大切に乗っていたという印象を、イメージさせることができます。ただ、あまり手間やお金がかかるのでは本末転倒です。

 

ここでは効果的な自動車の洗車方法をお教えします。専用のボディシャンプーやワックスは不要です。中性洗剤を水でうすめれば十分です。あとは、柔らかいスポンジ、ブラシを準備します。

 

まず、ガソリンスタンドのセルフ洗車で洗車します。高圧洗浄と下部洗浄のセットで洗います。機械洗車なら簡単ですし、費用対効果も高いです。

 

ブラシと洗剤は通常置いてあるので、洗車前にかけておきます。高圧洗浄機などを持っていれば、それで対応してよいです。スタンドで洗車したら、そのまま帰ります。スタンドでは、拭き上げは不要です。

 

洗車のできる場所で、たっぷりと水をかけます。汚れの残っている所は、スポンジやブラシで落とします。拭き上げの前に水をたっぷりかけ、グラスターゾルを吹き付けます。グラスターゾルを使うことで、水キレがとても良くなります。ルーフから順番に拭いていきます。グラスターというとガラス用というイメージですが、ボディにも有効です。雨にさえあたらなければ、ワックスをかけたようにツルツルになります。

 

ワックスかけは大変ですから、拭き上げの簡単さもあり一石二鳥です。